読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【連続殺人抑止】那智勝浦町立温泉病院・戦慄の病死偽装殺人事件!

【院内連続殺人抑止】和歌山県立医科大学 派遣医師団の田村忠彦氏は、無頓着に【禁忌】薬剤を継続投与しているうえに、さらにまったく投与する必要の無い【禁忌】薬剤を二重に大量投与したことより患者を薬物中毒死させた。 その薬物中毒死を和歌山県立医科大学派遣医師団が組織的な悪質極まりない病死偽装により隠蔽しようとした殺人事件である!

■那智勝浦町立温泉病院・戦慄の薬物中毒死隠蔽事件! Part 36

勝浦町立温泉病院3大悪質治療・主治医田村忠彦氏は「ゲーム脳」なのか

 さて、今回母に起きた那智勝浦町立温泉病院での大ウソ3大超悪質治療薬物中毒死病死偽装隠蔽事件」動機について、

1.田村忠彦氏の「代理ミュンヒハウゼン症候群」説
 
2.薬剤乱用治療費保険請求増額システム 説

 
を私見として述べさせて頂いております。


 あともう一つ田村忠彦氏の世代では、一時期「人の生も簡単に『リセット』してしまうのではないか」と言われた、

3.田村忠彦氏「ゲーム脳」説 

 が考えられます。

 私から観まして、田村忠彦氏は、あまりにも他人の『』に『無頓着』に観えましたので、その可能性も否めないでしょう。



大ウソ3大超悪質治療薬物中毒死病死偽装隠蔽事件」の『動機
 
1.田村忠彦氏の「代理ミュンヒハウゼン症候群」説
 
2.薬剤乱用治療費保険請求増額システム 説
 
3.田村忠彦氏「ゲーム脳」説