読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【連続殺人抑止】那智勝浦町立温泉病院・戦慄の病死偽装殺人事件!

【院内連続殺人抑止】和歌山県立医科大学 派遣医師団の田村忠彦氏は、無頓着に【禁忌】薬剤を継続投与しているうえに、さらにまったく投与する必要の無い【禁忌】薬剤を二重に大量投与したことより患者を薬物中毒死させた。 その薬物中毒死を和歌山県立医科大学派遣医師団が組織的な悪質極まりない病死偽装により隠蔽しようとした殺人事件である!

■那智勝浦町立温泉病院・戦慄の薬物中毒死隠蔽事件! Part 41

那智勝浦町立温泉病院大ウソ薬物乱用3大悪質治療扁桃体の小さい人々

 

 心理脳科学的見地からの「嘘つき反社会性人格(パーソナリティ)障害・社会病質者」とは、己の保身や、自己顕示欲・虚栄心を満たすために他人の「心が傷付く・財産が騙しとられる・生命が危険に曝される」ことに繫がることを承知で嘘をつく人間、あるいは殺人をもいとわない」人間のことです。

 

 一般的にこれらの人間は、五感から受ける刺激をストレスとして感じ取る脳の扁桃体が通常より小さくストレス変換効率が大変悪いため「道徳・道義」という感覚が希薄で他人に共感できないゆえに、平気でいとも簡単に「心が傷付く・財産が騙しとられる・生命が危険に曝される」行為あるいは、「虐待・リンチ・拷問・殺人ができると言われております。

 

 その典型的な「虐待・リンチ・拷問・殺人事件に『尼崎連続殺人事件・主犯:角田 美代子』があります。

 

 もちろん、昨日まで『眼科医』だった『内科医』田村忠彦氏が専門転向直後に母の主治医となり『大ウソ3大超悪質治療』により『薬物中毒死』させたうえ、

 

「平然と事実無根の『病状悪化』をでっち上げ病死偽装』により『隠蔽』した!」

 

 ところからすると、この「嘘つき反社会性人格(パーソナリティ)障害・社会病質者」扁桃体が通常より小さくストレス変換効率が大変悪い脳の持ち主ではないかと考えられます。

 

 また、先に申し上げております「田村忠彦氏 代理ミュンヒハウゼン症候群 説」も「嘘つき反社会性人格(パーソナリティ)障害・社会病質者」の中に含まれ、もちろん扁桃体が通常より小さくストレス変換効率が大変悪い脳の持ち主である故のものです。

 そして、この
薬物中毒死病死偽装隠蔽事件で田村忠彦氏と一緒になって「平然と事実無根の『病状悪化』をでっち上げている関係者・見て見ぬ振りを決め込む 町役場 総務課 課長」も同様に扁桃体が通常より小さくストレス変換効率が大変悪い脳の持ち主であるのではないかと存じます。


 これが類は友を呼ぶというヤツでしょうか・・・。

 今回の母に起きました那智勝浦町立温泉病院での大ウソ3大超悪質治療による薬物中毒死病死偽装隠蔽事件における、どなたが『尼崎連続殺人事件』においての『主犯:角田 美代子』に該当するのかは解りませんが・・・。

 

 さて皆様の身の回りのもこのような「扁桃体」の小さい方は、いらっしゃいませんでしょうか、お気を付け下さいまし。

 

 まあ、母に起きました那智勝浦町立温泉病院での『大ウソ3大超悪質治療』による『薬物中毒死病死偽装隠蔽事件』で「平然と『大ウソ』をつきまくる」方々のような人は、そうはいらっしゃらないとは存じますがね。

 

 さて、母を那智勝浦町立温泉病院にて薬物中毒死させて下さいました主治医 田村忠彦氏 をキーワード、

 

「和歌山医大 田村忠彦」

 

 で検索して時系列に並べると以下のようになりました。

 

2014年1月1日3月31日

■園木 孝志 氏:これからの一歩・1 はじめに

http://www.wakayama-med.ac.jp/med/ketunai/2014nenpou.pdf

☆研修医 田村 忠彦:2014年1月1日~3月31日

 

2016年4月8日

■第120回 日本眼科学会総会

http://convention.jtbcom.co.jp/120jos/program/index.html

(このページの一番下)

第69回日本臨床眼科学会学術展示優秀賞受賞講演

2016年4月8日(金)9:00~9:45(第3会場 仙台国際センター 会議棟 萩)

組織病理学的検討による摘出された眼内レンズでの細胞付着の変遷

☆田村 忠彦(和歌山県医大)

 

2016年5月2日7月13日

那智勝浦町立温泉病院

☆母の主治医:田村忠彦 氏