読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【連続殺人抑止】那智勝浦町立温泉病院・戦慄の病死偽装殺人事件!

【院内連続殺人抑止】和歌山県立医科大学 派遣医師団の田村忠彦氏は、無頓着に【禁忌】薬剤を継続投与しているうえに、さらにまったく投与する必要の無い【禁忌】薬剤を二重に大量投与したことより患者を薬物中毒死させた。 その薬物中毒死を和歌山県立医科大学派遣医師団が組織的な悪質極まりない病死偽装により隠蔽しようとした殺人事件である!

■那智勝浦町立温泉病院・昨日まで眼科医 田村忠彦氏による殺人事件!Part1

那智勝浦町立温泉病院 大ウソ3大超悪質治療による薬物中毒死・田村忠彦氏による『殺人』と断定!

 

 さて、遺族は、町行政・那智勝浦町立温泉病院 最高責任者であらせられる 寺本眞一町長殿に対し、母に起きた大ウソ3大超悪質治療による薬物中毒死病死偽装隠蔽事件』主犯である那智勝浦町立温泉病院 内科医 田村忠彦氏が、母の主治医になる「つい昨日まで『眼科医』であった」ことを理解したうえで、若い田村忠彦氏の将来を考慮し、まずは話しを「謝罪」から始められるよう配慮し、責任のある方々には説明責任を果たしたうえ、厚生労働省が定める「医療事故調査制度」に基づく調査を実行するよう直接要求したが拒否された。

 

 そして、那智勝浦町立温泉病院及び、「つい昨日まで『眼科医』内科医 田村忠彦氏」は、『大ウソ3大超悪質治療』による『薬物中毒死』が発覚した後も「悪質極まりない隠蔽工作」を行ない続けた。

 よって、遺族は、この『薬物中毒死事件』を「つい昨日まで『眼科医』内科医 田村忠彦氏による『殺人事件!
」と断定させて頂くことにしました。


那智勝浦町立温泉病院・田村忠彦氏による「殺人事件」キャスト!

那智勝浦町立温泉病院

<主演:殺人主犯

代理ミュンヒハウゼン症候群

つい昨日まで『眼科医』内科医:田村忠彦氏

 

<準主演:チーム田村・殺人の病死偽装工作員

町立温泉病院 最高責任者:山本 康久  院長殿(殺人共謀加担犯人隠匿)

リハビリテーション科:坂野 元彦 氏(殺人共謀加担犯人隠匿偽証)

事務課長:塩地 氏(殺人共謀加担犯人隠匿偽証)

 

事実確認那智勝浦町立温泉病院>

 住所:那智勝浦町 天満 483 -1

 TEL:0735 - 52 - 1055

You Tube

薬物中毒死病死偽装は タムラ先生にまかせろ!

https://www.youtube.com/watch?v=9-irXOPinYs

 <田村忠彦氏 曰く>

「28日の時点で、27日の時点で画像上『膿瘍が増大している』とカンファレンスでなりましたので、『悪化している』というお話しになりました。」

 

 これは『赤痢アメーバ皆無肝膿瘍は既に治癒してきていた全く使用する必要が無かったアメーバ駆除剤フラジール空きっ腹1日3回大量投与薬物中毒死させた』事実を隠蔽したうえで、 さらに「6月27日時点で『肝膿瘍急速悪化していた』」と母を『薬物中毒死』させたフラジール大量投与正当化するため事実無根口からでまかせウソ八百』である。