読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【連続殺人抑止】那智勝浦町立温泉病院・戦慄の病死偽装殺人事件!

【院内連続殺人抑止】和歌山県立医科大学 派遣医師団の田村忠彦氏は、無頓着に【禁忌】薬剤を継続投与しているうえに、さらにまったく投与する必要の無い【禁忌】薬剤を二重に大量投与したことより患者を薬物中毒死させた。 その薬物中毒死を和歌山県立医科大学派遣医師団が組織的な悪質極まりない病死偽装により隠蔽しようとした殺人事件である!

■那智勝浦町立温泉病院・昨日まで眼科医 田村忠彦氏による殺人事件!Part2

那智勝浦町立温泉病院 大ウソ3大超悪質治療・田村忠彦氏による「高齢者を『枯らす』技術』の実践!★

 

 さて、遺族は、母に起きた那智勝浦町立温泉病院での『大ウソ3大超悪質治療』による『薬物中毒死を、

 

「つい昨日まで『眼科医』内科医 田村忠彦氏による『殺人』事件!」

 

 と断定させて頂きました。

 

 ただ、今ひとつ「つい昨日まで『眼科医』内科医 田村忠彦氏の『殺人動機』」が理解できていないのですが、以下のことが考えられると申し上げてきました。

 

■1.内科医 田村忠彦氏 代理ミュンヒハウゼン症候群 説

■2.町立温泉病院 薬剤乱用治療費保険請求増額システム

 

 昨日ネット内検索をしていると、

 

「高齢者を『枯らす』技術」

 

 というキーワードで作成されたサイトがいくつもあり、本も出版されていることを知りました。

 

 例えば、

 

高齢者を「枯らす」技術・薬で出血

http://mhlworz.blogspot.jp/2016/11/blog-post_11.html

 

 この記事では、「血液凝固阻止剤ワーファリン」について説明されております。

 

 これは間違いなく、「つい昨日まで『眼科医』内科医 田村忠彦氏」が、

 

ヘパリンが肝膿瘍を悪化させた可能性があったので『すぐに中止しました!』」
 

「肝膿瘍を悪化させたのは、ヘパリンで『間違いないですよ!』」

 

 ことように仰せになりながら母に投与し続けた「血液凝固阻止剤ヘパリン」が同様の作用をしますので、「つい昨日まで『眼科医』内科医 田村忠彦氏」は、この「高齢者を『枯らす』技術」を実践したくなり実行に移した可能性も十分考えられますね。

 

 

那智勝浦町立温泉病院・ホームページ

http://www.nkhsp.sakura.ne.jp/index.html


私たちは、医療人として倫理を守り
 

 皆様から信頼され、やさしさといたわりと
 

  そして心に寄り添う医療を提供します




 この那智勝浦町立温泉病院ホームページを見て、

 

ちゃんちゃらおかしい!」

 

 というのが「ワタクシ」の真っ正直な感想です。
 

 

<田村忠彦氏の殺人動機

■1.内科医 田村忠彦氏 代理ミュンヒハウゼン症候群 説

■2.町立温泉病院 薬剤乱用治療費保険請求増額システム

■3.内科医 田村忠彦氏 「高齢者を『枯らす』技術」実践

 

You Tube > 

薬物中毒死病死偽装は、タムラ先生にまかせろ! 

https://www.youtube.com/watch?v=9-irXOPinYs

 

★田村忠彦氏による「殺人事件」キャスト!

那智勝浦町立温泉病院

<主演:殺人犯

 高齢者を「枯らす」技術 実践者

 代理ミュンヒハウゼン症候群

 つい昨日まで『眼科医』内科医:田村忠彦氏

 

<準主演:チーム田村・殺人病死偽装工作員

町立温泉病院 :山本 康久  院長殿(殺人共謀加担犯人隠匿)

リハビリテーション科:坂野 元彦 氏(殺人共謀加担犯人隠匿偽証)

事務課長:塩地 氏(殺人共謀加担犯人隠匿偽証)

 

事実確認那智勝浦町立温泉病院>

 住所:那智勝浦町 天満 483 -1

 TEL:0735 - 52 - 1055