読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【連続殺人抑止】那智勝浦町立温泉病院・戦慄の病死偽装殺人事件!

【院内連続殺人抑止】和歌山県立医科大学 派遣医師団の田村忠彦氏は、無頓着に【禁忌】薬剤を継続投与しているうえに、さらにまったく投与する必要の無い【禁忌】薬剤を二重に大量投与したことより患者を薬物中毒死させた。 その薬物中毒死を和歌山県立医科大学派遣医師団が組織的な悪質極まりない病死偽装により隠蔽しようとした殺人事件である!

■和歌山県立医科大学 派遣医師団 田村忠彦氏による病死偽装殺人事件!Part2

和歌山県立医科大学 派遣医師団による那智勝浦町立温泉病院での病死偽装殺人事件の 動機理由 簡単まとめ!★

 

 さて、平成28年7月 那智勝浦町立温泉病院で母に起きた『薬物中毒死殺人)』の動機理由は、以下の4ケースが考えられます。

 

<①田村忠彦氏 無知無能 説>
和歌山県立医科大学 派遣医師団 内科医の田村忠彦氏が「つい昨日まで『眼科医』であった」がために、内科薬剤に無知ゆえ【禁忌】薬剤を無頓着に継続投与したうえに、さらに【禁忌】薬剤を2重に大量投与したことの強い副作用によるものである。

 

 それと、田村忠彦氏が【禁忌】薬剤を2重に大量投与している時点において、母に発現していた強い副作用を感知できない、まさに医師としては致命的な観察能力欠如によるものである。

 

<②田村忠彦氏 内科薬剤実験 説>
 和歌山県立医科大学 派遣医師団 内科医の田村忠彦氏が「つい昨日まで『眼科医』であった」がために、内科薬剤の経験を早く多く積みたいと、高齢者ならば、たとえ副作用により『薬物中毒死殺人)』させたとしても『病死偽装』が簡単にできると考え、存在しない「多剤耐性緑膿菌が検出されました!」と大ウソをついて抗生剤を50日連続投与による副作用で苦しめ衰弱させた。

 

 それに加え、「中止しました!」と大ウソをついて【禁忌】薬剤を無頓着に継続投与したうえに、さらに【禁忌】薬剤を2重に大量投与したことの強い副作用によるものである。

 

<③田村忠彦氏 代理ミュンヒハウゼン症候群 説>
 和歌山県立医科大学 派遣医師団 内科医の田村忠彦氏が社会病質者と言われる「代理ミュンヒハウゼン症候群」で、存在しない疾患をでっち上げて治療したかのごとく見せ「自己顕示欲・虚栄心」を満たそうとしたことで「多剤耐性緑膿菌が検出されました!」と大ウソをついて抗生剤を50日連続投与による副作用で苦しめ衰弱させた。

 

 それに加え、【禁忌】薬剤で疾患を悪化させ【禁忌】薬剤で治療したかのごとく見せようとしたことで【禁忌】薬剤を大量投与し過ぎた強い副作用によるものである。

 

<④田村忠彦氏 只の社会病質者 説>
 和歌山県立医科大学 派遣医師団 内科医の田村忠彦氏が社会病質者であるがために「殺したい!」という衝動・欲求が抑制できず、高齢者ならば副作用により『薬物中毒死殺人)』させても『病死偽装』が簡単にできるので、 カルテに「家族様に説明・肝膿瘍改善無く」などとまったく事実無根の虚偽の記載による「アリバイ工作」をしたうえで、【禁忌】薬剤を継続投与したうえに、さらに【禁忌】薬剤を2重に大量投与した強い副作用によるものである。



 以上これらの4ケースが考えられます。

 

 いずれにせよ、那智勝浦町立温泉病院及び、田村忠彦氏が「説明責任」を放棄されているため、母を『薬物中毒死殺人)』させた、

 

「なぜ、まったく投与する必要のない【禁忌】薬剤を大量投与したのか?」

 

 という動機理由は、謎のままです。




事実確認場所

那智勝浦町立温泉病院

 住所:那智勝浦町 天満 483 -1

 TEL:0735 - 52 - 1055

和歌山県立医科大学 医学部 臨床教授

那智勝浦町立温泉病院 院長:山本康久 氏(殺人犯人隠匿)

          内科医:田村忠彦 氏(殺人犯)

   リハビリテーション科:坂野元彦 氏(殺人犯人隠匿偽証)

 

和歌山県 医科大学 医学部

 〒651 - 8509

 住所:和歌山市 紀三井寺 811番地1

 TEL:073 - 447 - 2300(代表)

ホームページ:http://www.wakayama-med.ac.jp/index.html

・お問い合わせEメール:waidai@wakayama-med.ac.jp

 和歌山県 医科大学 理事長・学長:岡村吉隆 氏


You Tube

薬物中毒死殺人)の病死偽装・名人 タムラ先生の極意!

https://www.youtube.com/watch?v=9-irXOPinYs